今話題の葉酸って何?

葉酸って何

妊娠している女性にとって、一番大切な栄養素と言われているのが葉酸です。葉酸とは、タミンB群に属している水溶性ビタミンになります。水溶性であるため、体内に蓄えておくことができず、妊婦にとってはバランスよく常に摂取を続けていかなければなりません。葉酸をなぜ飲むのか、葉酸の性質と目的についてまとめます。

 

葉酸とは?

葉酸とは、ビタミンBの一種であり、妊婦にとって必要不可欠である成分です。最近、葉酸が話題になっているのは、気軽にサプリメントで摂取できるようになったことと、緑黄色野菜を食べる習慣が減ってきており葉酸を効率的に摂取できなくなっているためです。葉酸は元々ほうれん草から発見されているため、「葉」の文字が使われていますが、他にもたくさんの食品に含まれています。果物でいえば、イチゴやマンゴー、枝豆や納豆などの豆類にも多く含まれています。葉酸を摂取する目的で緑黄色野菜を摂らなくても、他の食品からも摂取できますので、食事はバランスが大切になってきます。

 

葉酸が妊婦に必要なわけ

妊婦が葉酸をなぜ飲むのか。それは胎児の成長に関わっているからです。お母さんのお腹の中で赤ちゃんが成長していくためには、活発な細胞分裂が必要です。細胞分裂を活発化させるのが葉酸の役割なのです。昔から、妊娠が発覚するとかかりつけの産婦人科さんから葉酸を摂取するように言われますし、母子健康手帳にも書かれています。子供の成長を助けることを目的としている葉酸は、バランスよく摂取していかなければなりません。

 

葉酸を摂る目的

葉酸の効果には、貧血を抑える効果もあります。妊婦の時に葉酸を摂取する大切さは先ほどお伝えした通りですが、出産後も葉酸を摂取する癖は残しておきましょう。授乳による栄養を送りやすくなることと、お母さん自身の体調を整える役割があります。出産後になりやすい貧血を抑えることもできるのです。サプリメントを利用する場合やどのように葉酸を摂取していけばよいかは、産婦人科で確認してもいいでしょう。最初は不安な事が多いですから、気軽に相談していくことが重要ですね。

葉酸サプリランキングはこちら